FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
国難より政局が第一の小沢一郎
2011/04/19(Tue)
この非常事態に、小沢一郎が野党の菅内閣不信任案に賛成する倒閣運動に乗り出した。

菅内閣や与党だけで、震災や原発事故に対応できるとは、国民の誰しも思っていない。だからこそ、与野党が協力して国益優先で対応してもらいたいのに、国難より「政局が第一」の小沢氏は、自分たちの立場しか考えていない。小沢氏が正論を言って見ても、単に政権が欲しいだけにしか聞こえない。

原発事故処理に、小沢氏は「夏までに収束するのか。俺ならいくつも手はある」と菅首相を批判したが、原発の専門家でも対応に苦慮しているのに、小沢氏にどんな手があるというのか。小沢氏が出演したネット番組で原発事故解決の方法を尋ねられても、何ら具体策を持ち合わせておらず、結局は政局のネタにしているだけだ。菅内閣は無責任内閣であるが、小沢氏もそれ以上に無責任な政治家だ。

岩手を選挙地盤とする小沢氏が、政府に協力するどころか、震災直後から雲隠れして、沈黙していた政治家に何を任せられるだろうか。地元が被災しているのに大して支援もしないで倒閣運動ばかり精を出している。

自民党でさえ復興支援に最低限の協力の姿勢は見せようとしているのに、民主党は内部分裂で倒閣運動ばかりやっているのであれば、民主党はガレキ以下の存在である。

子ども手当や高速道路無料化の財源を復興財源の確保に回せばいいのに、未だマニフェストに固執する小沢氏支持グループは、利益誘導の選挙対策しか考えない無能な国会議員集団だ。国民のためというより、自分の生き残りのためと見られても仕方あるまい。「首相は危機に対応できていない」 という小沢氏支持派は、国民の声に対応できていない。

国民不在の倒閣運動によって何の展望が開かれるというのか。政権党の内輪もめで迷惑するのは国民だ。こんなことをしている場合か。「国民の生活が第一」というのなら、少しは国民の方に目を向けてほしい。
この記事のURL | 政治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<原発が核兵器になる時 | メイン | ソーシャルメディアが社会的課題を解決>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/90-4bcfa2ed

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。