FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
性悪説社会の勧め
2011/03/11(Fri)
京都大学などの入試問題が、試験中にネット掲示板に投稿された事件は、新聞の一面で取り上げられるほど、社会的反響が大きかった。

ネット社会が発達した今、考えなくても覚えなくても、ネットの質問サイト「ヤフー知恵袋」に投稿すれば、第三者が教えてくれる。ネット上の知識を使えば、個人の知識が不要になったことを象徴している。単純な手口でカンニング行為ができてしまう。

ネット世代には、自分で苦労して考えなくても、ネットに外注すれば、他人の回答にただ乗りしてしまう風潮がある。自分で問題を解く力よりも人の力を借りるソーシャルな能力の方が高いとも言える。

逮捕された予備校生は、そうしたネット環境を利用したが、強烈なしっぺ返しを食らった。ネット上には証拠が残る。なぜネットで広く一般に公開されてしまうリスクを考えなかったのか。投稿が悪いことだという気持ちが希薄だったのだろう。

ネットは匿名社会のように見えるが、IPアドレスなどで必ず個人が特定される。自分が特定されると思っていなかったとすれば、基本的な情報リテラシー教育が必要だ。

ネットカンニングはバレたら、大きく報道され、社会的リスクを負うことを認識させた点で、今後、不心得者を生まないためにも有効だったと言える。

予備校生は、「受験した大学の中で京大が最もカンニングしやすかった」などと供述している。この受験生がやったことは、愚かであったが、ネット社会に対応できなかった大学側にも責任がある。

大学側は携帯電話が悪用される可能性をほとんど考慮せず、旧態依然の試験監督を続けていた。不正を働こうとする人間などいないとする「性善説」に基づいた大学入試の仕組みになっているからだ。

公平性を保つためにも、今回の事件を教訓に、「性悪説」の前提に立ってカンニングが難しい入試環境を整えるべきである。

教育の場である学校は、社会に出るための揺籃の場であり、社会ルールを叩き込む場でもある。学校組織であっても、会社組織における人間の行動管理と全く変わらない。管理や統治の本質は「性悪説」である。人間は悪いことをするものだというリスクヘッジの視点を持って組織の管理を「上から下まで」行うべきだ。

人間は間違いを犯すものである。人間は放っておくと、悪意という名の創意工夫でさぼることを考えたり、表面を取り繕う要領を考える生き物だ。

「性悪説」社会である欧米と違って、日本は、「性善説」の強い社会である。だが「和を以て貴しと為す」とする談合社会では、組織の自浄作用などを期待することができない。相撲協会の八百長相撲を見れば分かる。談合社会だと、誰も物事の優先順位を明確にしないし、責任も取らない。

「信用」を笠に着て、贈収賄、着服、利権、脱税などを行う悪い人たちをのさばらせておくような社会よりも、最初から「人は間違いを犯すものだから」と要所要所を押さえたチェック機能を持つ「性悪説」社会の方が良い。

社会は、本質的に腐りやすいものである。「見ざる・聞かざる・言わざる」の無関心でいると、それだけ滅茶苦茶な社会になる。
この記事のURL | 社会貢献 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<原発事故は、安全神話による人災 | メイン | 幼児化する日本社会>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/87-6880dc0a

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。