FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ソーシャルビジネスを振興する新しい資本主義
2009/09/08(Tue)
名作童話「モモ」で知られるドイツの作家ミハエル・エンデは、「エンデの遺言」で環境問題、貧困、戦争、精神の荒廃など、現代のさまざまな問題にお金の問題が絡んでいると、現在の金融システムの問題点を指摘していた。つまり「パン屋でパンを買う購入代金としてのお金と株式取引所で扱われる資本としてのお金は、全く異なった種類のお金である」という認識から、お金にはいくつかの異なった機能が与えられ、それが矛盾してさまざまな問題を引き起こしていると見ていた。そして「個人の価値観から世界像まで、経済活動と結びつかないものはない。問題の根源はお金にある」と提起していた。

リーマン・ショックを引き金に世界中を覆った世界金融危機は、90年代から市場への幻想を振りまいてきた新自由主義の破綻によるものであった。政権交代を求めた8月30日の総選挙の結果は、金融資本主義の崩壊後の世界的現状を反映したものであり、世界金融危機をもたらした金融資本主義の根本問題と持続可能な経済システムのあり方が問われている。今日の経済危機をもたらした直接的原因は、強欲なヘッジファンドなどが為替、原油、穀物などに投機マネーで張り合ったことにあるが、その根源はもっと根深く、90年代当時からの米国政府や経済界の腐敗構造にまで遡ると指摘されている。

冷戦後のマルクス主義経済の破綻と金融資本主義の失敗を経た今、持続可能な経済システムとして、マイクロソフト社の創始者ビル・ゲイツが2008年のダボス会議で提唱した創造的資本主義が注目されている。従来の資本主義では、経済市場の枠組みにいる人々は恩恵を受けるが、その市場の枠組みから排除されてしまった人々は、グローバル化や市場原理主義によって格差や貧困がさらに拡大してしまった。そのため、グローバル市場から排除された人々の貧困問題などをはじめとする世界的課題を解決するには、政府や企業、NPOが協働してよりよい経済社会システムの構築が必要である。

ビル・ゲイツが唱える創造的資本主義は、企業利益と社会貢献を両立させる新しい経済システムで、この概念は、企業の戦略的CSR活動やソーシャルビジネス(社会起業)に通じるものであり、社会全体の利益を最大限に考えようとする新しい資本主義である。その意味において、社会貢献を目指すソーシャルビジネスの活動が活発化し、社会起業家が活躍する「フラットな市民社会」の到来が期待される。

また、マイクロクレジットの融資モデルでグラミン銀行を運営し、2006年ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスも、ビル・ゲイツと同様、ソーシャルビジネスを振興する新資本主義を唱えている。ユヌスの新資本主義は、利益の極大化を追求する資本主義とは別に、「他人に尽くすのが幸せ」という概念に基づく新しい資本主義を志向するものである。つまり利益極大化を目指す資本主義経済と社会的課題の解決を目的とするソーシャルビジネスの新資本主義経済が、相互に依存し、融合することで持続可能な経済社会システムに転換するという考え方である。すなわち、ソーシャルビジネスを盛んにすることで、企業のCSR活動を呼び起こし、社会全体の利益を最大化する効果が期待されるためである。

さらに有名なベンチャー・キャピタリストでDEFTA PARTNERS(デフタ・パートナーズ)グループ会長の原丈人が、会社の事業を通じて公益に貢献する公益資本主義を提唱している。これもまた、上記のビル・ゲイツやムハマド・ユヌスの新しい資本主義に通じる考え方である。公益資本主義は、株主資本主義に代わるもので、株主だけが富を得るのではなく、より多くの人が幸福になる仕組みを追求する。原丈人は、株式会社の利益をNGOの収入源として福祉に活用するなど、バングラデシュやアフリカで活動を実践している。

童話作家エンデは、さらに「資本主義経済におけるお金は、より高いリターンが得られるところに移動し、その結果、利益はごく一部の人に集まり、一方で利益を奪われ続ける多数の人々が存在することになる」と指摘していた。エンデが予測したとおり、その弊害を生んできたグローバル資本主義は、過度な金融バブルの崩壊により終焉を迎え、一方でグローバル資本主義に代わる新しい資本主義の姿が見え始めている。グローバル市場から排除された人々の格差社会を克服するためには、社会全体の利益を最大限に配慮する持続可能な経済社会システムに転換していくことが重要である。

参考になる書籍を5冊

エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
(2000/02)
河邑 厚徳グループ現代

商品詳細を見る

資本主義崩壊の首謀者たち (集英社新書 489A)資本主義崩壊の首謀者たち (集英社新書 489A)
(2009/04/17)
広瀬 隆

商品詳細を見る

ゲイツとバフェット 新しい資本主義を語るゲイツとバフェット 新しい資本主義を語る
(2009/04/17)
マイケル・キンズレー

商品詳細を見る

貧困のない世界を創る貧困のない世界を創る
(2008/10/24)
ムハマド・ユヌス

商品詳細を見る

新しい資本主義 (PHP新書)新しい資本主義 (PHP新書)
(2009/04/16)
原 丈人

商品詳細を見る

この記事のURL | ソーシャルビジネス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミッションありきの社会貢献が、持続可能な社会を切り拓く | メイン | 民主党政権による持続可能な政策とは....>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/8-68ed6c08

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。