スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
信頼を失った中国、お粗末な日本
2010/10/04(Mon)
尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、中国は外交的勝利に浮かれているとしたら、大きな間違いだ。真の勝者は中国ではない。中国は国際社会に対して大きなマイナスを背負ってしまったからだ。

やられたら、やり返すという高圧的な中国に対し、日本国民は不信感と警戒感を増幅させている。「悪しき隣人」にしか見えない。難癖をつけて日本人社員を拘束したり、大国にしては情けない振舞いは、中国の弱さの表れだ。仕掛けた中国を見る世界の目も冷たく厳しい。

中国の膨張主義は、19世紀帝国主義外交の現代版だ。アジア諸国や世界に対して中国外交がいかに粗っぽいかを示してしまった。中国の膨張主義がますます強くなっていく脅威を国際社会に感じさせたことは、中国にとっても得策でなかろう。

衝突事件の責任の第一は、中国側にある。客観的に見て、尖閣諸島は日本の施政権下にある。中国の領土だと法的に歴史的にも確立していない。それを力ずくで変更しようとするのは国際秩序を乱す行為である。

その一方で、日本の外交はお粗末であった。他の国々からは、日本が中国の圧力に屈したと見ている。船長釈放は中国に対する日本の弱さと依存度を露呈してしまい、拙速であった。

検察が独自に判断したというが、そんなことはありえない。衝突事件は外交問題まで発展したのだから、司法の判断を超えている。政府中枢が関与したはずだ。中国がこれまでにない極めて強権的な外交手段で、しかも矢継ぎ早にエスカレートしたため、日本政府は事態の収拾を急ぎ、最悪のタイミングで船長釈放を決定してしまった。逆に中国に「望むものは何でも手に入る」という自信を与えてしまった。

中国は、経済成長に欠かせない海底資源を押さえるため、したたかに既成事実を重ねながら、南シナ海で膨張を続けている。空母建造を含め、海軍の増強を急いでいる。尖閣諸島沖の衝突事件は、中国の膨張が日本の間近に来ていることを示している。中国の強引な海洋権益確保には無視できなくなっている。

日本政府は、尖閣諸島領海でのこうした事件の発生を覚悟する必要があったにもかかわらず、いざという時の想定の備えをしてこなかった。だから、土壇場になって拙速な決定をしてしまった。外交の司令塔が見えないのが問題だ。

日本は「国内法にのっとり粛々と処理した」というが、説明不十分である。対峙にためらいがあってはならない。「力ずくの現状変更は認められない」という明確な政治的意思を主張すべきであった。日本政府が今なすべきことは、今後の処理を含め、原理原則を明確することだ。

普天間問題に続いて尖閣諸島沖の衝突事件で、いまや外交は民主党政権のアキレス腱となってしまった。外交に不安がつきまとうのは、寄り合い所帯の政党でまとまりがなく、体系的な外交戦略がないからだ。

積極的な資源外交の戦略が必要だ。レアアース輸入で、96%を中国に過剰依存する日本の産業構造の脆弱さを露呈してしまった。一国に偏るのは資源安全保障上良くない。レアアースは中国以外の資源保有国(カザフスタン、モンゴル、南アフリカなど)も豊富にあり、多面的な資源外交で、中国偏重を見直しリスク分散を図るべきだ。

日本は法治国家であるが、中国は人治の国だ。中国の非民主的政権を支えるのは、ナショナリズムと膨張主義であって、なりふり構わず、相手国に圧力をかけてくる。

今回の事件で、日本政府には熱意や交渉の意欲がなく、危機を回避する協議すらできなかった。「歴史的事実」を振りかざして見ても、領土問題は解決しない。日本政府は、今回の失敗で、対話で実益を得る重要性を理解すべきである。一方的措置をエスカレートさせる事態だけは回避しなければならない。そのためには、「悪しき隣人」とハイレベルでのコミュケーションのチャンネルを確立することだ。
この記事のURL | 社会貢献 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<民意が、検察権力の上に立つ新しい時代 | メイン | 堕ちた検察 正義の味方が大犯罪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/74-ab2b29a5

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。