FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小沢一郎の権力闘争で日本沈没
2010/09/02(Thu)
民主党代表選で、小沢前幹事長が復権に執念を見せる有様は、非常識を超え、あぜんとする。

「政治とカネ」の問題で辞任した人物が3カ月も経たないうちに、戻ってくるなんて異常だ。それをまた「政治とカネ」の問題でダブル辞任し、政界引退を宣言した人が仲介し、トロイカ体制による復権を目指したのも異常だ。

小沢チルドレンを中心に、国会議員の数では優勢と伝えられるが、世論調査では圧倒的に菅首相支持が高い。菅首相を支持するのは、「脱小沢」の姿勢を評価するからであって、ダーティのイメージが付きまとう小沢一郎に嫌悪感を抱いているためだ。

小沢の立候補は、政治資金疑惑の検察審査会による「起訴」逃れを狙ったものである。再度「起訴すべき」と議決されても、首相になれば、訴追不可能にできるからだ。

国民が金権政治の追放と政治資金問題のけじめを求めているにもかかわらず、選挙至上主義者である小沢一郎は「数は力」とばかり、選挙や代表選で勝てば、万能の力が得られると考えている。

だが「小沢政権」が誕生しても、「政治とカネ」の問題で国会は大荒れになる。訴追されるようなことをした首相を、国会が認めるはずがなく、政権運営が困難となる。

小沢一郎は、総理になるより、裏で総理を操る闇将軍を好む。鳩山前総理の場合も二重権力構造で操っていた。小沢が代表になった場合でも、国会での追及を避けるために別な人物(渡辺善美あるいは舛添要一?)を首相に担いで、小沢は裏から政権をコントロールしようとしている。これは透明性を看板とした民主党政治の死を意味する。

昨年の政権交代は、自民党の敵失によるもので、民主党のマニフェストが全面的に支持されたのではない。だから国民は、財源なきバラマキ政策のマニフェストに対し大幅な修正を求めているのだ。

小沢は「マニフェスト原点回帰」を主張して、「マニフェスト修正」を批判するが、既にマニフェストの柱であった暫定税率廃止を自ら修正しているのだ。財源についても説明責任を果たしていない。政策より「政局第一」であって、政局を「対立軸の政策」で恣意的に操作しているだけである。

小沢は、政治を単なる権力争奪のゲームだと考えているため、命を賭けて実現しようとする政治理念などはない。小沢の政治的発言は、政局を演出する言葉だけのスローガンに過ぎない。小沢は権力を維持することしか考えていないのであって、国民生活の安定や福祉の実現ではない。鳩山前首相と同じで、言葉だけなのだ。

小沢一郎は追い詰められると負けた土俵から消えるが、また別の土俵を求めて、自分に都合の良い大義名分を見つける。今回は、「マニフェスト原点回帰」や「増税反対」という新たな旗印を手に入れた。

代表選で「マニフェスト原点回帰」を掲げても、政権運営上はマニフェストを封印してくる。詐欺の上に詐欺を重ねる行為そのものである。「政治主導」と言いながら、官僚に丸投げするのは目に見えている。

小沢一郎の政治人生は、「壊し屋」としての負の歴史だ。自民党を飛び出してから、新生党、新進党、自由党と多くの政党をつくっては壊して渡り歩いてきた。政党をつくって壊せば、巨額の政党交付金が転がり込むからだ。政党解党時の残資金は国に返還する定めがあるが、政党が合併するときには、国庫に返上しないで済むからである。小沢は政党の合併によって、これを逃れていた。しかもこのカネを、新しい政党の経理に入れず自分の運営する政治団体にプールしていた。

こうした錬金システムを可能にしたのは、細川政権の時、小沢一郎が導入した小選挙区比例代表並立制と政党助成金である。小選挙区比例代表並立制は、党首の権力を担保する。政党助成金の配分は党首の恣意による。二つ合わせて、誰も逆らえない錬金システムを小沢が構築したからだ。

小沢はこうした資金移動手法で政治資金をかきあつめ、その資金は自分の資産管理会社の陸山会を通して不動産の投資運用していた。要するに公金をネコババして不動産転がしをやっているようなものだ。

小沢一郎の政治力は、政局操作手腕と錬金術で作った個人資金によるものだ。民主党代表に就任した2006年を境に、組織対策費という使途不明金が急増し、37億円の政治交付金が消えてしまったとし、党費疑惑が浮上している(アエラ記事)。多額の使途不明金を生む組織対策費が小沢グループの「力の源泉」になっているのだ。

民主党の議員は、代表戦の権力闘争に明け暮れており、円高で経済情勢が危機的な状態に陥ってことなんてどこ吹く風。軽井沢でビールを片手に「気合」だと叫ぶ小沢支持議員の空騒ぎはひどい。景気低迷と猛暑にあえぐ国民にとって、「能天気」に映る。議員生活が第一で、政策より政局優先、理性より気合ばかりで、政権党はとんでもない世界に突入している。小沢にマインドコントロールされ、小沢がいないと自分たちは何もできなくて、自己保身に走る小沢シンパの姿は見苦しい。

円高で腰折れしそうな日本経済を持ち直すには、与党が一枚岩になって取り組む必要があるにもかかわらず、このまま民主党が二分化すると、政策が後回しとなり、「政治空白不況」で日本が沈没する。政権党の無為無策は、万死に値する。

小沢一郎は最近、「日本のあらゆる分野で精神の荒廃、劣化が急速に進んでいる」と日本人の劣化を憂う発言をしたが、国政を私物化して日本を劣化させた最大のモラル破壊者は誰なのか。

「自己保身」のため、「政策よりも政局」をつくって権力闘争ばかりしている「壊し屋」小沢は、民主党政権も壊して国民を欺くつもりなのだろう。

どうせ壊すのであれば、日本が沈没する前に、徹底的に破壊して大規模な政界再編を起した方がましである。
この記事のURL | 政治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<風力発電が原発を追い越す | メイン | クラスター爆弾製造会社に融資する銀行のモラル>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/69-d642a868

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。