スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
PIGS問題に見る金融業界の品格
2010/03/01(Mon)
世界金融危機の激震が未だに収まらない。

サブプライムローンの破綻から、リーマンショックによる世界同時不況、さらにはドバイショックを経て、今度はギリシャが財政破綻の危機に瀕している。ギリシャを含む「PIGS」諸国の財政危機が、今また世界経済を揺れ動かしている。

「PIGS」(直訳で豚ども)という造語は、EU諸国の中でも財政危機に直面しているポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインなど4カ国の頭文字をとって、金融業界のトレーダーらが揶揄してつくったものだ。

最近では、「PIGS」に続く造語として「STUPID」(直訳で愚かなヤツ)が登場した。「STUPID」とは、スペイン、トルコ、イギリス、ポルトガル、イタリア、ドバイなどの財政危機に瀕した6カ国の頭文字をとって、揶揄したものである。

さらに新たな造語として、世界最大規模の財政赤字を抱える日本とアメリカに対しても「JAM」(直訳で紙づまり)があてられた。

多くの国が世界同時不況で財政赤字に陥ったため、その弱みにつけ込んだ金融業界が揶揄して、「PIGS」などの造語を流通させている。

たしかに国の財務不安は、カントリーリスクの高まりにつながり、株式の下落、通貨の下落だけでなく、国そのものの信用を表す債券(国債)市場での下落(金利の上昇)が起こる。

しかし金融業界にも問題がある。

英米のアナリストが、さかんにユーロ不安を煽り続けている。また米ゴールドマンサックスが金融技術でギリシャの財政債務の隠蔽を手助けしたことも明るみにされた。

そもそも世界金融危機で実体経済をボロボロにし、世界中に大量の失業者を発生させたのは、金融業界が金融システムを破綻させてしまったからではないのか。世界金融危機の激震地となった金融業界に揶揄する資格などあろうはずがない。それどころか、本来ならばリスクをとって業績を悪化させた金融機関は淘汰されるはずであった。

淘汰されるべき金融機関が生き延びられたのは、多くの政府が協調して世界経済を底割れさせないように、金融システムの安定化と財政出動を図ったお陰ではないのか。財政赤字になったのは、世界経済を破綻寸前まで追い込んだ金融業界であって、国家のせいではない。むしろ品格のない金融業界を救済してくれた国家に敬意を払うべきであろう。

金融業界は、リスクをとるだけとって、投機・ギャンブルなどのマネーゲームに失敗したツケを各国の国民に押し付けて、莫大な税金が投入されたことを忘れたのであろうか。

さらに言えば、世界金融危機を招いたのは、金融業界が過剰な流動性を不動産や証券などに投機融資して不動産バブルを発生させたことによる。多国籍企業、証券会社、ヘッジファンド、銀行などの巨大金融機関が、金融活動によるグローバル資本主義を主導した結果、モノ(商品)の取引をはるかに上回るマネー(資金)の取引が行われるようになった。

しかしその巨額の投機マネー(短期資金)は、バブル経済とその崩壊による金融危機を繰り返し起こした。リスクを隠蔽するような証券化ビジネスは、詐欺に詐欺を重ねたような商法である。過剰な投機マネーに対する国際的な金融規制と監視を強化することは、当然の流れだ。

今のデフレは、企業部門が貯蓄超過になり、金融機関の金融仲介機能の健全性が崩れているためである。だからこそ金融機関は、不安ばかりを煽るのではなく、本来の金融仲介機能の維持に努め、世界経済の安定化に協調すべき重要な役割があるはずである。

金融機関の役員報酬は1億円以上の額に上ると言われるが、それに相応しい仕事をしているとは疑問である。

高い公共性が求められる金融業界が真剣になって、金融仲介機能の健全性に取り組まないとするならば、逆に各国の国民から「PIGS(豚ども)」と呼ばれるだけである。
この記事のURL | 経済 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<民意を集約する熟議民主主義のすすめ | メイン | 「古い公共」より「新しい公共」を>>
コメント
- ■2010年 世界主要国、国家財政危機ぼっ発か―日本がデフォルトを起こすのは、世界で一番最後?! -
こんにちは。最近、世界主要国国家財政危機がささやかれ始めています。それこそ、最近のギリシャの破綻に見られるようなことが、他の主要国で起こりえるということです。それは、もっともなことだと思いますが、ただし、日本は例外だと思います。歴史上始まって以来、一国の政府がデフォルトを起こした(破綻した)のは「政府の海外からの外貨建て負債」のみです。これに関しては一つの例外もありません。また、政府がデフォルトする際には、必ず通貨危機とセットになっていまた。最近のギリシャの事例もまさにその通りでした。日本はどうなのでしょうか?ギリシャとは全く反対に、対外負債ではなく、対外債権(日本が外国に貸し付けてるお金)は、過去18年間世界一です。こんな国がなんで、デフォルトをおこすとマスコミやアメリカの投資銀行あたりが考えるのか全く理解できません。それに、日本は通貨危機どころか、最近は落ち着いているものの、どちらかというと円高基調です。日本がデフォルトをおこすのは、こうした論拠から世界で一番最後になるはずです。だって、世界に一番お金を貸している国なんですから!!詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
2010/03/01 13:48  | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/36-13fdd8b3

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。