スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
失敗に学ぶ文化への転換が持続可能な教育につながる
2010/01/04(Mon)
「ゆとり世代」の若者は、小学校からゆとり教育を受けてインターネットや携帯電話など新しい情報インフラの環境下で育ってきたことから、価値観や行動がそれ以前の世代とは大きく異なっている。「ゆとり世代」の特徴は、「まじめだが失敗を極端に恐れ、間違いのない答えを求める」ところに見られる。

またバブル崩壊後の現代の若者は、世の中がだんだん悪くなることをふつうと思っているため、偶然に任せるのは危ないと感じている。そのため、偶然ベタでリスクを避けようとし、自分で決め込んだ道筋と少しでも違うことには手を出さない。リスクテイクを取らず、融通の利かないのは、曖昧さは許されないデジタル化技術の影響があると言われている。

こうした「ゆとり世代」が新人社員として続々と社会に出てくる。批判されることが多いゆとり教育はこれまで、もっぱら「教育問題」として論じられたが、これからは「社会問題」となる。

ビジネスの場で重要視されるのは、創造性や問題解決能力である。マニュアル通りに決められたことをやるだけでは、失敗をほとんど経験しないため、決まり切ったことから少し外れただけで、対応ができなくなる。

今や国民的ブランドとなったユニクロも失敗の連続だった。同社は過去にロンドンに進出して失敗、野菜事業に進出して失敗、バーニーズニューヨークの買収に失敗して華々しい失敗を重ねている。ユニクロを運営するファースト・リテイリング社の柳井社長は、「新しいこと始めたら、失敗するのが当たり前。失敗を恐れて守りの経営に入ったら成長はない。物事に失敗はつきものだということを理解し、その上で行動すべき」と語っている。要は、考えすぎずに早くやって早く失敗することである。失敗を財産として次に生かすことである。

経済評論家の勝間和代さんも、成功するためには失敗から学ぶ必要があり、挑戦して失敗力をつける大切さを説いている。失敗しているからこそ、成功への道がわかりやすく見えてくる。どんな人でも失敗しないと成長できない。成功者は、その分人よりも多く失敗して努力しているため、リスクを取り慣れているという。リスクに見合ったリターンを取れるかどうかをすぐに判断できるため、どんどん成功することができる。リスクを取り慣れることが大切で、取っていくうちに感覚的に分かってくるそうだ。

明確な成功モデルがない中で、スピードが求められる時代には、試行錯誤こそが成功の秘訣とされている。米国のシリコンバレーには、失敗しても敗者復活戦を認める風土がある。ベンチャー起業家にとって大事なのは、失敗を恐れず挑戦し続けることである。失敗したらそこから学び、その情報を共有することが、ベンチャー成功の本質と言われている。

対照的に、失敗を恥として受けとめる日本の文化は、ビジネス上の弱点になっている。失敗の許されないやり方では、考えや行動が保守的になり、創造的なアイデアや技術、新しい製品、サービスが出にくい。リスクテイクを嫌って決断を先送りすると、失敗のコストが高くつく。あつものに懲りてなますを吹くことがないように、失敗しても再挑戦できる仕組みづくりが重要である。何度でも挑戦できるベンチャーの「敗者復活戦方式」の風土が必要である。

日本の学校教育にも問題がある。与えられた問題の答えを最短の道のりで出す訓練が中心となっている。答えが見つからない問題には手が出せない。だから、失敗もしない。「失敗しない」ことを学ぶ方法ばかりで、「失敗は成功のもと」、「失敗は成功の母」という考え方が、ほとんど取り入れていない。起業家たちが失敗から学べるのは、自ら決断・挑戦し、自ら失敗を認め、失敗をやり直すからである。

混迷な時代を生き抜くには、多種多様な失敗を繰り返し失敗に学ぶ必要がある。
失敗から学んだ発明王エジソンは、白熱電球を発明するまで一万回失敗したという。しかし、そのことを失敗とは言わなかった。エジソンは、「一万回失敗を重ねてきたわけではない。一万回も成功に近づいている。一万回も成功するための方法を学んだ」と成功を信じて疑わなかった。

参考になる書籍1冊
偶然ベタの若者たち偶然ベタの若者たち
(2009/12)
関沢 英彦

商品詳細を見る

この記事のURL | 教育 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<生物多様性の保全がビジネスを支える | メイン | 医師不足解消に、医師でない医療専門職が治療する>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/26-b64b9ecc

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。