スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私的な執念で突き進む安倍政権の裏口改憲
2014/05/15(Thu)
憲法解釈の変更を急ぐ安倍政権の暴走は、さらに激しくなっている。

昨年、憲法96条の改正を狙って、「裏口入学」だと批判されると、今度は憲法解釈を変更することで、「海外での武力行使」が可能になるように、集団的自衛権の行使容認への道を開こうとしている。

憲法解釈の変更は、正面突破を避ける「裏口入学」以下の卑怯な方法で、横暴を極めている。首相たるもの、姑息な手段ではなく、もう少し正々堂々と、横綱相撲の議論ができないのか。

さらには高村正彦自民党副総裁が、国の自衛権を認めた砂川事件の最高裁判決(1959年)を持ち出し、学界の常識に反して集団的自衛権行使容認の論拠にしようと言い始めたが、まさに牽強付会とはこのことで、こじつけの議論による詭弁である。

憲法どころか法律よりも内閣の解釈が優先するというのだから、政治権力の乱用を縛る立憲主義へのあからさまな挑戦であり、法治国家としての根幹が崩れてしまう。権力者の意のままに、憲法を変質させ、平和主義を壊そうとしている。

安倍首相の考えに近いお友達や、御用学者、御用官僚を集めた安保法制懇の報告書は、安全保障論を理由に憲法解釈の変更を求めるなど、9条という憲法の根幹を骨抜きにして、「権力を縛る」という立憲主義から完全に背を向けた。

集団自衛権を行使することは、改憲だけでなく、安保条約の枠を超えるため、相互防衛条約への実質的改定である。分裂した論理で、国を形作る憲法の根幹を破壊している。安保法制懇の有識者全員が、集団自衛権の行使容認に賛成だというから、形だけの御用有識者会議以外の何者でもない。

集団自衛権が必要と想定される米艦の防護も、中国との緊張が懸念される尖閣諸島も、従来の政府方針に沿った個別的自衛権で十分に対応できるのに、安倍政権が主張する牽強付会の集団自衛権には、リアリティがない。

ゲーム理論にチキンゲームという定番のゲームがあるが、「無理が通れば、道理が引っ込む」と考えているのだろうか。

「海外で武力行使をしない」との一線を越えれば、自衛隊は外国と同じ「普通の軍隊」になり、憲法が掲げる平和主義の基本理念である9条は、意味を失ってしまう。まさに憲法の骨抜きである。

たとえ改憲して「普通の国」になっても、対米従属は続き、米軍への依存は変わらないだろうし、むしろ米国の戦略により深く組み込まれてしまうことになる。日本が軍備を拡張すればするほど、好戦的な米国の軍事活動に積極的な参加を求められるだけだ。

戦後69年。無謀な戦争で約300万人以上の国民が犠牲になり、諸外国に多大な被害を与えた反省から日本は再出発し、平和主義の下で今日の繁栄を築いてきた。その平和主義の基軸となったのが、戦争放棄を宣言した9条である。

悲惨な戦争を体験してきた高齢者が、軍国主義を嫌い、戦争放棄を謳う9条を守りたいと思うのは、当然の気持ちである。その一方で、9条を壊そうとする者は、長い平和の中で、戦争の恐ろしさを知らない、平和ボケした若い世代に少なくない。集団自衛権が行使されたら、戦争に巻き込まれて、平和ボケどころか、徴兵制度まで行き着きかねない。

韓国は、米韓相互防衛条約により、ベトナム戦争で大軍を派遣し、約5千人の戦死者を出した。他山の石とすべきである。

「普通の国」とは「戦争ができる国」になることであり、戦争を簡単にしか考えていない若い世代の無知と無関心が戦争を招くことになる。日本の敵が増えて、反撃のミサイルが飛んでくる危険な事態を覚悟しなければならないだろう。

憲法96条の先行改正や、特定秘密保護法案の強行採決、集団自衛権の行使容認などの「右寄り」政策で、最高権限を振りかざす姿は、権力を私物化した悪名高い世界各国の独裁者たちの言動と実に似ていることである。

最高権力者の自分がやりたいようにやるのが政治だといわんばかりで、反対意見など聞く耳を持たない。憲法の縛りさえ、閣議決定でないことにしてしまおうとする粗雑な手続きや理屈で、国の形を変えようとするのは、私的な執念以外の何者でもない。

憲法も立憲主義も知らず、歴史に対して無知をさらけ出し、自己愛に偏する安倍首相や与党国会議員に、戦争になった時、自ら血を流す勇気のある政治家がいるとは思えない。最前線で、国を守るのも、犠牲になるのも国民である。

改憲するかどうかは、首相や国会が決めるのではなく、「国民投票」によって、主権者である国民が決めることだ。
この記事のURL | 政治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<子供が戦争に行かされる国になった | メイン | STAP細胞は、ES細胞だった>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/118-95ec7f4b

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。