FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
社会を崩壊させるブラック企業
2013/09/11(Wed)
若者を酷使して使い捨てる「ブラック企業」が社会問題化し、放置できない状況になっている。

「ブラック企業」は、IT系企業,、外食産業、アパレル業、小売業、介護業界など新興企業を中心に、社会の奥深くまで蝕んでいるため、雇用環境が悪化して、いまやブラック社会になっている。

「ブラック企業」は、就職難につけ込み、正社員として大量の若者を採用後、不要な社員を辞めさせるため、過剰な残業で長時間の過酷な労働を強いて、若者の精神と肉体を破壊し、うつ病や過労死、自殺、退職に追い込む企業だ。

「ブラック企業」は新卒採用企業全体の半分ほどを占めるともいわれている。増殖する「ブラック企業」は、計算ずくの法令違反スレスレの手口で、若者を「辞めさせる」のではなく「辞めたいと思わせる」自己都合の形で退職に追い込む悪質な企業である。

店長などの肩書をつけて残業代のない名ばかり管理職として扱う仕組みも、「ブラック企業」に広く普及している。

「ブラック企業」が大量の大卒社員を育成もしないまま使い潰すようなことを続けば、産業を担う基幹人材がいなくなり、日本の産業はいずれ立ち行かなくなる。

若い人材を使い潰したら、税収は減り、小子化やデフレもさらに進み、日本は成長どころか、国力が低下する。若者が離職していけば結婚や社会復帰が難しくなり、うつ病の若者が増えれば、将来的な医療費の増加や消費の低下につながる。

「ブラック企業」は社会や経済に大きな弊害をもたらし、誰もがその影響を受けるおそれが大きい。悪意ある労務管理を成長戦略として若者を使い潰す「ブラック企業」を放置しつづければ、社会全体に及んで、社会が崩壊する。

悪意ある労務管理を行うのは、「ブラック企業」だけでない。大手企業も、余った社員を退職させるために、「追い出し部屋」への異動や出向で人件費を減らしている。

リーマンショック前から、正社員は約100万人近く、減っており、雇用不安を背景に、正社員を安く使い切る「ブラック企業」が増え続けているため、正社員の労働環境も底が抜けたようになっている。「ブラック企業」は、正社員の雇いすぎを恐れるため、派遣を含む非正規社員全体の数は、膨れ上がり、今や3人に1人は非正規社員だ。正社員の意味も大きく様変わりした。

サービス残業やパワハラなど劣悪な労働環境の下で、若者や正社員を使い潰す「ブラック企業」の実態解明に、ようやく厚生労働省が腰を上げた。その対象となる企業数は、少なくとも全国4000社に上るといわれている。

過剰な時間外労働やサービス残業の有無、過労死などの前例などを調べ、重大な法令違反が確認されれば送検したり、社名を公表するという。遅きに失した感がある。

日本の雇用制度は、経営者が労働者に対し長期期間にわたり「滅私奉公」を要求するため、過重労働を引き起こし、目に見えない鎖でつながれた奴隷制度になっている。

企業に人材育成や労働市場の調整を丸投げすることがおかしい。雇用形態を変えて、国に人材育成する機能を持たせるべきである。解雇された人の教育訓練や生活支援は、政府の仕事であり、企業ではなく個人を守るセーフティ・ネットの整備が必要だ。国は、企業の終身雇用に甘えて大きな負担をしてこなかったからだ。

デフレ脱却に有効なのは、大胆な金融緩和ではなく、正社員と非正社員が同じ土俵で戦える労働政策を打ち出すことであり、終身雇用にメスを入れ、同一労働に同一賃金を支払うことを徹底的に義務付ける法律をつくるべきである。年功序列型の賃金体系をなくし、老若男女を問わず、同じ対価が支払われるようにすべきである。企業の生産性が大きく向上するはずである。

人口減少社会で生産性を上げるには、高成長分野への労働者の移動が必要であることは、明らかなのに、いつまでも雇用維持型の労働政策のままでは、生産性が低下し、競争力のないゾンビ企業がさらに生き延びるだけだ。

日本の労働環境はますます悪化の一途をたどっている。パワハラ、セクハラ、アカハラ、マタハラなどのハラスメント、サービス残業の横行、長時間労働、偽装請負、名ばかり管理職など、いろいろな問題が重なって働く人間を追いつめている。

そんな不条理を放置したままのブラック社会に明日はない。
この記事のURL | 企業 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<特定秘密保護法案で、「知る権利」も「知られない権利」も奪われる | メイン | タックスヘイブン、税金を払わないグローバル企業>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://demosbc300812.blog61.fc2.com/tb.php/113-030f2847

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。